自作名刺の作り方・簡単に作成したい!~自宅で印刷・印刷業者に依頼~

IT

最近名刺を作ってくれと頼まれることが多くなってきました。

自分はデザインから印刷、発注まですべて自分でこなすので、頼む方からはとても便利な存在らしいです。

というわけで、手軽に名刺を自作したい人から、ビジネスでも恥ずかしくない名刺を作成したい人向けに記事を書いてます。

今回は、まずデザインの作成方法から始め、

簡単にしょぼくてもいいから手軽に名刺を作りたい人向け」と「ビジネス仕様でも問題ない名刺を作成したい人向け」に分けて説明します。

作りたい名刺のデザインの作成方法・作製ソフトについて

まず、デザイン絡みについてです。

名刺をデザインする前に、どのソフトで作成するか迷いますね。

月額制のAdobe製品を持っている人はいいのですが、そんなの持ってないよという人、安心して下さい。よほど凝ったことをしない限りイラストレーターやフォトショップはいりません。

というかAdobe製品を持っている人はこんなところに来ませんね…

名刺作成に使うソフトについて

まずは作製ソフト決めですが、普段使いなれているソフトが良いかと。

持っていればイラストレーターや、フォトショップ

micro office製品を持っている人は、Word(ワード)、もしくはPower Point(パワーポイント)が良いかと思います。

テンプレートもプリントパックさんなどからダウンロードできます。

テンプレートダウンロードサービス|印刷のことなら印刷通販【プリントパック】
カタログ印刷・チラシ印刷の納期別価格表。オフセット印刷会社の選び方・ローコスト印刷のポイントなど。

それすら持っていない人は、フリーのソフトを探すか、WEB上でデザインまでできるサービスを使うのが良いかと思います。

例えば

名刺 | ラベル屋さん|無料で使えるラベル・カード印刷ソフト。豊富なデザインテンプレートもご用意。
ラベル屋さん™ソフトのデザイン豊富なテンプレートとエーワン™名刺用紙で、こだわりの一枚を作ってみませんか?
https://www.canva.com/ja_jp/create/business-cards/personal/

など、最近は手軽に作成できるようになりましたね….

さて、ソフトが決まれば次はデザインですね。

デザインの作成~デザイナーの作品を参考に作ると良し~

名刺を作るうえで一番手間なのはデザインを考える事です。

デザイナーさんが作ればちょちょいのちょいで作成できそうですが、初心者には少し厳しですね。

そんな時に便利なのが「Pintarest(ピンタレスト)」です。以下を見てみましょう。

https://www.pinterest.jp/search/pins/?q=%E5%90%8D%E5%88%BA&rs=typed&term_meta[]=%E5%90%8D%E5%88%BA%7Ctyped

しゃれおつなのが沢山出てきましたね。こういった他のデザイナーさんのデザインを模倣することによって、とてもおしゃれなデザインを簡単に作成出来ちゃいます。

〇パクリはダメですよ。

ちなみに私はこんな感じのもを作ってみました。

ちなみに私で良ければロゴのデザインから名刺のデザインの作成、ポスターの作製なんかもしてたりしますので、お手伝いします。

名刺をデザインするうえで大事なのは、フォントですね。

フォントは自分好みのものを使うと、明朝体やゴシック体とくらべて、おしゃれ感が増します。

また、企業ロゴなどを載せるのもアクセントになって良しです。

自宅で印刷?もしくはネット業者に発注する?

一番手軽なのはネット業者に発注する事です。

デザインさえ決まれば、ちょっとフォームに必要事項を入力すれば注文完了。お手軽ですね。

ネット業者に委託・発注

費用が少しかかってきますが、1000円あれば送料込み、普通紙で注文できます。

また初回無料や、初回割引などもあるので、その時良い物を選びましょう。

例えばですが、今現在ならアドプリントさんがおすすめです。

名刺・シール・ステッカー印刷|総合印刷通販のアドプリント
名刺両面カラー100枚470円~ シール1000枚2900円~ アドプリントでは名刺・シール・ステッカー・はがき・チラシ・販促物など各印刷物を業界最安値で販売致しております。無料サンプル請求頂けます!

こちらの両面カラー、100枚600円程度の料金は安いですね。送料含めても1000円以内に収められるのはGood。

また初回100枚無料のメガプリントさんも良いですね。

名刺100枚初回限定無料キャンペーン| 印刷通販【メガプリント】
ネットで印刷してみたいけど、不安なお客様におすすめ‼高品質オフセット印刷名刺が初回限定で100枚無料作成出来るキャンペーン中‼

自分にあった業者を選びましょう。

また、値段もさることながら、データの投稿方法も確認しておきましょう。サイトによってはテンプレートを配布しているので、そちらを使いましょう。

以下プリントパックさんからテンプレートがダウンロードできます。

テンプレートダウンロードサービス|印刷のことなら印刷通販【プリントパック】
カタログ印刷・チラシ印刷の納期別価格表。オフセット印刷会社の選び方・ローコスト印刷のポイントなど。

自宅で印刷する人向け

自宅で印刷するメリットはなんといってもスピードとコピー機で印刷できる手軽さですね。

コスパ良し。百円均一名刺用紙

一番安く済ますのなら、ダイソーやセリア、100円均一で売っている名刺印刷用の用紙を購入する事ですね。

A4サイズ一枚で、名刺が10枚印刷できます。A4サイズの用紙が10枚入っていますので、100円で100枚名刺が作成できます。

またそれようのテンプレートもダウンロードできます。

大創出版

とても親切ですね。ただ弱点もあります。100円均一の名刺用紙ですが、ペラペラです。ビジネス向けに使うのは少し不向きかと思います。

またミシン目にそって裁断するので、名刺の縁がミシン目によりガタガタになります。

また、ミシン目には凹凸があるので、レーザープリンタ対応用紙でもかすれたりします。

先ほどのデザインで背景に色を付けたものを印刷しましたが、ミシン目の部分だけ上手く印刷できていませんでした。

もしかすると低速で印刷したりするとうまく行くかもしれませんがお勧めしません。

また、100均の用紙で名刺を作製する方はコチラの記事をご参考下さい。

A-oneなどの数百円から数千円する用紙を使って作成

こんな商品の事です。

ダイソーなどの商品よりはるかに用紙の質が良く、物によってはミシン目のないタイプもあります。

先ほども取り上げましたが、

ラベル屋さん|無料で使えるラベル・カード印刷ソフト。豊富なデザインテンプレートもご用意。
ラベル屋さん™ラベル&カード作成ソフトのWebサイトです。ラベルやカードなどをかんたんにデザインして、お持ちのプリンターでいつでも1シートからプリントいただけます。名刺や宛名ラベル、お名前シールなどの豊富なデザインテンプレートもご用意。すべて無料でご利用いいただけます。

こういったサービスを使うことも可能です。

ただ、人によってはビジネスではちょっと無理かな?と思われる方もいるかもしれません。あくまでも緊急で入用なときに使うのが良いかもしれません。

また、用紙の値段によりますが、ネット業者で注文する方が安く仕上がることもあるので、考えてから購入しましょう。

まとめやらなんやら

ここまで説明してきましたが、私がおすすめするのはやはりネットで業者に注文する事ですね。

印刷の失敗もありませんし、何より質が良い。

用紙もたくさんの種類がありますので、より際立った名刺を作成することが出来ます。

値段もリーズナブルな物も多いので、皆さんも是非名刺づくりに挑戦してみてくださいね。

IT
スポンサーリンク
シェアする
moromukiをフォローする
moromuki

コメント