世界のスマートフォンランキング トップ10(2020年版)

IT

世界のスマートフォン市場はますます大きく成長しており、目が離せないですね。
スマートフォンは今や私たちの生活には必需品となっており、各社色々な機能をつけて、ユーザーの購買意欲を高めています。なので、ユーザーのニーズにあったスマートフォンを作ることが必須となってきています。スマートフォンは仕事や娯楽までといった様々役割をこなしていますので、ますますニーズをつかむのが難しいですね。

そんなスマートフォンは20年足らずで私たちの生活の生活の必需品となり、その異常ともいえる執着心は日々増加しています。スマートフォンメーカー各社はしのぎを削っていますので、目まぐるしいスピードで成長しており、今後も注目の市場です!

そんなスマホメーカーですが、Gartner、Inc.(グローバルな調査顧問会社)は、世界中のスマートフォンブランドが2020年に2億2,100万台、2021年には2倍以上の4億8,900万台を販売したと予測しています。

そんな世界のトップ10スマートフォンブランドを詳しく見てみましょう

1位.サムスン(samsung)

サムスンのスマホは、世界中のすべてのスマートフォンブランドの中で、特にヨーロッパでは最も売れています。samusung(サムスン電子)は韓国の会社であり、非常に信頼できるブランドですね。コスト効率、パフォーマンス、精度の完璧な組み合わせで構築されており、さすが第一位のメーカーです。

日本国内では、あまり人気に感じられないですが、世界ではとても信頼されているようですね。
スマートフォンの人気モデルは

  • Samsung Galaxy S20
  • Galaxy S10
  • Galaxy S10e
  • Galaxy S11
  • Galaxy Note9
  • Samsung Galaxy Note 10 &Note10 +
  • Galaxy Fold
  • Samsung Galaxy Fold 2

です。
現在、サムスンは年間の売上高が2億1,950万台を超え、携帯電話のトップブランドの第1位にランクインされています。

2位.Huawei(ファーウェイ)

Huaweiは、世界第2位のスマートフォンブランドです。2019年にアップルを抜き2位に上がってきました!
ファーウェイは中国の多国籍企業で、インフラにも手を出している大企業です。5Gの設備なんかでも最近は知られているのではないでしょうか?
なんと、2020年現在では、世界の通信企業上位50社の80%以上がHuaweiと提携しています!
アメリカの制裁で今後の先行きが曇っていますが、なんとか乗り越えてほしいですね。

スマートフォンの人気モデルは

  • Huawei P30 Pro
  • Huawei Mate X


です。

Huaweiは2019年12月に、年間収益が121,72億米ドルに増加し、これまでにこの会社は1,220億の収益をだしています。

3位. Apple(アップル)

Apple Inc.は、家庭用電化製品、コンピュータソフトウェア、そのほか、オンラインサービスを展開しているアメリカの多国籍企業です。
世界初のスマートフォンのブランドを立ち上げた最初の会社だったす。
始めてIphoneが発売されたときはそれはもう衝撃でした。

そんなiPhoneの人気モデルは、

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • Apple iPhone 12
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone SE

です。
アップルは世界の携帯電話ブランドの3 位にランクイン。
2019会計年度の第4四半期に、AppleはiPhoneの販売から333.6億米ドルの収益が出ていました。
新型IPhone SEが安価に販売されたりと、今後も日本では売れていく予感がしています。

4位 Xiaomi(シャオミ)

Xiaomiは中国の多国籍企業で、最近日本にも進出してきましたね。
スマートフォンの他にも日用品など多くの製品を製造および投資しています。
ロゴ「MI」は「モバイルインターネット」の略です。Xiaomiは初期の段階ではうまくいかないと思われていたので、「ミッションインポッシブル」などとも言われていましたが、これは間違いですね。

人気のスマートフォンは、

  • Xiaomi Mi 10
  • Xiaomi Mi Mix 3
  • Xiaomi Mi 9T Pro
  • Xiaomi Pocophone F1

などなど。

シャオミは世界の携帯電話ブランド上位10位で4 位にランクインしています。

Xiaomiは2019年の第3四半期に34億元(4億9400万ドル)の純利益を積み上げています。

日本にも進出してきていますし、コスパの良いスマホが発売されてるのが楽しみですね!

Xiaomi mi note 10liteなんかも気になる!

5位. OPPO(オッポ)

4位のXiaomiより先に日本で発売されてるメーカーですね。この会社のスマホもコスパの良いスマホが多いです。
広東OPPO Mobile Telecommunications Corp.、Ltd(通称OPPO)は、2016年では中国でトップのスマートフォンブランドでした。

日本では

  • ・Reno a
  • ・R15

などが良く見かけますね。

世界の携帯電話ブランド上位10位で5 位にランクイン。OppoとVivoは、同じ親会社である広東省が所有する姉妹ブランド。
Oppoは、Vivo、Realme、OnePlusとともに、BBK Electronics Corporationの子会社であり、その一部なんです。
Oppoの売上高は、2018から2019で21,524.6 croresで80%増加しました。
日本でも伸びていきそうなメーカーです。

6位. Vivo

Vivo Communication Technology Co. Ltd.は、BBK Electronicsが所有する中国のテクノロジー企業です。
BBK Electronicsは親会社で、Oppo、Realme、One plusも所有しています。低価格でハイスペックな端末をどんどん出していますね。
Vivoは、2015年には、携帯電話ブランドのトップ10の1つになり、シェアを徐々に増やしてきました。

人気のあるスマートフォンモデルは、

  • Vivo Z1x
  • Vivo V17 Pro
  • Vivo S1 Pro
  • iqoo neo3

など、コスパの良い端末が多いです。
オッポはトップ10携帯電話ブランドの第 6 位にランクインされており、7.2%の市場シェアと1億300万台の販売を誇っています。
こいつは気になる!

7位.モトローラ

日本では早い段階からあったメーカーですね。
Motorola、Inc.は、1928年に設立されたアメリカの多国籍電気通信会社です。
2007年から2009年にかけて43億ドルを失い、一時期は大丈夫かと心配されていましたが、2011年に、Motorola MobilityとMotorola Solutionsの2つの会社に分割し、事業を立て直しています。

そんなモトローラの人気モデルは、

  • Razr
  • Mate X
  • Moto Z4
  • G8+

などです。

世界のベスト10携帯電話ブランドで7 位にランクイン。最近で日本市場でも注目されているのではないでしょうか?
Lenovoによる買収にも関わらず、モトローラの年間売上高は3,600万台を超えています。

8位. Lenovo(レノボ)

正式名称はLenovo Group Limited。これも中国の多国籍企業です。
同社は、パソコン、タブレット、スマートフォン、サーバー、電子ストレージなどを製造・販売しています。
私も昔安いノートパソコンを買いましたね。

人気モデルは、

  • ・Lenovo Z2 Plus
  • ・Lenovo P2

などなど。

Lenovoはスマートフォン市場では不調で、携帯電話ブランドでは8 位にランクインしています。
販売台数の増加をしましたが、なかなか伸びず。

9位. LG

LG Corporation(以前はLucky-Goldstar)は韓国の多国籍企業。
なんと韓国では4番目に大きな財閥。
この会社は、LGという文字を会社のキャッチフレーズ「Life’s Good」としています。
LGは、電子製品、化学製品、通信製品を製造しています。日本でもテレビなどで聞いたいことがあるのではないでしょうか?

LGの人気モデルは、

  • ・LG W10 Alpha
  • ・LG K41S

などなど。

日本ではキャリアから発売されていいたりしますが、コスパも決して良いわけではなく、まずまずといったところでしょうか・・

10位.ノキア

Nokia Corporationは、フィンランドの企業です。
ガラケー時代では有名な携帯電話ブランドでしたが、スマートフォンの台頭により、市場シェアを失いました。

人気のブランドは

  • ・Nokia 2.3
  • ・Nokia 110

など。

再起はあるのでしょうか?がんばれ老舗!!

まとめ

以上。世界市場スマホランキングトップ10(2020年)でした!
上位争いが激しくなっていますが、今後の動向が気になる!
5Gスマホも増えてきており、あらたなスマホ時代の到来だと感じています。
SONYやSHARPなどのメーカーがランクインしていないのが残念ですが、今後も期待!

IT
スポンサーリンク
シェアする
moromukiをフォローする
moromuki

コメント